ドッグフードの中身は?

ドッグフードってたくさん売ってますよね~。

どれを選んで良いかどうか。。。

最近は本当に様々なドッグフードが販売されていて、お店の棚には魅力的なパッケージと写真・キャッチコピーが並べられています。

ランキングサイトや比較サイトも沢山あって推奨されているドッグフードが自分の愛犬に合うかどうかは分からない。。意外とお試しやサンプルを用意しているメーカーも少ないんですよね。

どのドッグフードが愛犬にとって良いものか?

よくわかりません。。

特に『初めて犬を飼う方』や良かれと思って与えた新しいドッグフードが合ってない等、悩む大きなポイントです。

そういう私も初めて犬を飼ったときに、あまり考えず、一般的に流通している安価なドッグフードを購入して与えていました。

ですが、次第に愛犬の『涙の量』・『軟便』ヒドイ時は『下痢』等が見られ、ドッグフードを選ぶ意識が大きくなりました。

愛犬の健康にこだわりを持つ方、コストを重視する方、色んな価値観で判断されると思います。でも、やっぱり極力良いものを食べさせてあげたいですよね?

でも、良いものって何でしょうか?

飼い主さんの『愛情たっぷりの手作り食』も良いですが、時間の制約もあって毎日決まった量を作ることは中々、、難しいですね。

原材料を調査したドッグフード一覧

ドッグフードの中身??

そこで市販のドッグフードを与えている方が多いと思いますが、そもそも市販のドッグフードって何から作られているんでしょうか?

中身を調べたことはありますか?

肉類・副産物?とか表示されてあってもどんな肉? ビートパルプ? よくわかりません。日本のペットフード業界は安全基準がなく、法整備も遅れている為、どのようなものが添加されているかも不明瞭です。。

ちなみにウチの子が今、食べているドッグフードに何が入っているのか、調べてみました。

画像はイメージです。

原材料を調査したドッグフード一覧

一般的なドッグフードの中身と当サイトご紹介

ウチの子が食べているフードはホームセンターやスーパーで売っている一般的な安価なドッグフードですが、その原材料は、、

原材料

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆、大豆エキス)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)、ミルクカルシウム

ん~よくわかならいのが、「何とか酸? ビオチン?」とかですよね。着色料?

何のために入っているのか、というか犬にとって必要???

全然わからないですよね。。

原材料を全く調べず、『安い』『手軽』という理由で、簡単にペットフードを買って食べさせている飼い主さんもいると思いますが、原材料や添加物等のドッグフードの中身を調べてみることも必要なのかもしれません。

ただ、ドッグフードを一つ一つ調べるのは大変…。その上、調べた結果、良いドッグフードが見つかっても愛犬がそのドッグフードを好んで食べてくれて、体に合うかどうかもわかりません。ドッグフードを変えたら『涙やけ』がヒドくなったという声もあるくらいです。

そこで、、こちらのサイトでは、みなさんに代わってドッグフードの中身を調べてみました!

日本国内で販売されているドッグフード(海外製品も含む)を中身がどんな物かも含め当サイトで紹介してます。

当サイトで紹介しているドッグフードは、、、、以下の原材料の内、犬の体にとって『不要』・『摂取することを推奨しない』材料を含まない若しくは極力含まない製品です。

なお、誤解を招かない為にも宣言しますが当サイトでは『不要』・『摂取することを推奨しない』材料を『危険なもの』・『安全ではない』と判断はしていません。

又、当サイトでは、愛犬に合った良いドッグフードというのは個体に依存すると考えていますので、インターネット上でよく見かけるランキングサイトや比較サイトの情報は6070%程度の信頼と考えましょう。

あくまでも皆さんご自身の価値観やご判断でドックフードを選んでもらう指針となる『サポートする情報サイト』として閲覧ください。

当サイト公開時点(2018年9月)では、ドッグフードの名称や成分・原材料・これ等以外の情報は、まだ完全に網羅されておりません。

適宜、必要に応じて少しづつではありますが、追記や修正・削除していく場合もありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

原材料を調査したドッグフード一覧

犬にとって摂取不要な材料や成分

では、、まず『不要』・『摂取することを推奨しない』と言われている原材料から見ていきましょう!

穀類 又は グルテン

小麦、小麦胚芽粉、トウモロコシ、トウモロコシ粉、コーングルテン、コーンブラン、大豆、大豆ミール(大豆由カス)、白米、セルロース

画像はイメージです。

犬は元々、食肉類の動物です。

長い間、人間と共に生活して雑食化していったこともあり、肉以外でも食べる様になりましたが、基本的に『肉』が主食です。

近頃では穀類は犬には良くないので穀類不使用(グレインフリー)のフードがおすすめです等の

情報をよく見かけます。穀類は犬が炭水化物を消化吸収ができない為、与えない方がいいとい

う理由です。ある調査では、小麦についてアレルギーが目立つ犬の存在が多いと言われていま

す。

穀類である小麦 / 小麦胚芽粉 / トウモロコシを使用せず、ジャガイモやサツマイモが代わりに使われているドッグフードもありますよね?ジャガイモやサツマイモも炭水化物なので犬は消化することが苦手ですが、腸内環境を良くする上では適量が必要だとも言われています。

ただ、グレインフリーとは謳っていても、中身は豆類、マメ科植物の種子等を主成分としていて、それが悪影響であることを主張しているメーカーもあります。

副産物

ミートミール、ミートエキス、ミートパウダー、家禽ミート、肉類副産物、鶏副産物、魚類副産物、肝臓腺粉、動物性乾燥消化物、鶏肉副産物の消化物、家禽副産物粉、乾燥レバー消化物、魚粉、あらびき粉、骨粉(ボーンミール)、動物性油脂、獣脂、家畜油脂、ビートパルプ

画像はイメージです。

副産物とは、ある製品を生産する過程で、それに付随して得られる他の産物。

例:『豆腐』の副産物は『おから』等

ドッグフードで言えば、、内臓が主なもので骨、血液等も含まれます。

以下のようなDミートと言われているかなりネガティブな情報が見られますが実際のところ各メーカーが明らかにしていないのでわかりません。

Dead(何らかの死んだ動物の肉)、Dying(死にかけた動物の肉)、
Diseased(病気の動物の肉)、Disabled(障害のある動物の肉)

副産物は、製造過程から作られるもので、精査すべきかと思います。

ただ、特にミートミールやミートエキスはどのような肉を使用しているか指定されていない為、コストの削減を目的として使用されるものだと思います。

どのようなお肉でどのように加工されているか消費者には分からない材料が使われているのですね・・。

次によく見かける、、

化学合成物

増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、没食酸プロピル、エトキシン、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、セレン化合物、安息香酸類、ソルビン酸カリウム、ポリリジン、プロタミン、グリシリジンアンモニエート、ソルビトール、二酸化チタン、赤色2号、赤色40号、黄色4号、青色2号、赤色3号、赤色105号、青色1号、青色102号、黄色5号、黄色6号

画像はイメージです。

ドッグフードを長持ちさせる『薬品』・『保存料』、フードの色を良く見せる為の『着色料』等が入っていることがあります。でも、これは本当に犬にとって必要なものなのでしょうか?

色の判断は主に人間への良い見せ方だといわれていて、犬にははあまり関係ないと思います。

皆さんがドッグフードを選ぶ際に『愛犬の健康』や『コスパを重視』等、様々な価値観があると思いますが、でもやっぱり愛犬に良いものを食べさせてあげたいですよね!

原材料調査したドッグフード一覧

※以下のブランドの並びは当サイトが『おすすめ』している順序(ランキング)ではありません。

ドッグフード名
評価
コスト
特徴
モグワン
★★★
約273円

高たんぱく
グレインフリー
着色料・香料・人工添加物不使用
カナガン
★★★
約248円

グレインフリー
高品質な原材料を使用
高たんぱく
ブッチ
★★
約163円

人工添加物不使用
グルテンフリー
水分含有量約70%
ナチュロル
★★
約353円
牛・鶏・馬・魚肉55%以上を使用
グルテンフリー、グレインフリー
日本製
愛犬元気
約31円~
低価格
豊富なラインナップ
販売場所が多い
オリジン
★★
約300円高たんぱく
低炭水化物
動物本来の食事を再現
ベストバランス
約88円豊富なラインナップ
低価格
販売場所が多い
ハロー
★★
約252円

ホリスティックフード
副産物、着色料、保存料など不使用
グルテンフリー(一部グレインフリー)
ロイヤルカナン
約85円食事療法食など豊富なラインナップ
国際標準規格の工場で生産
低価格
アランズ
ナチュラルドッグフード

★★
約198円生ラム肉55%使用
小麦、大豆、とうもろこし不使用
人工添加物、副産物、着色料など不使用
ヒルズ サイエンス・ダイエット
約116円特別療法食
世界最大級規模の研究所で開発
低価格
レオ&レア
約307円
高品質な原材料を使用
愛犬マイカルテ、写真入りパッケージ
着色料不使用
ネルソンズ
★★
約156円
グレインフリー
注文を受けてから生産
人工添加物不使用
ピッコロ
★★
約264円

脂質控えめ低カロリー
グレインフリー
着色料や香料、人工添加物不使用
このこのごはん
★★
約350円
保存料、酸化防止剤、人工添加物不使用
グルテンフリー
国内工場で製造
jPスタイル 和の極み
約77.6円低価格
乳酸菌、オリゴ糖配合
香料、着色料不使用
アイムス
約43.66円低価格
オメガ3、オメガ6脂肪酸配合
豊富なラインナップ
シュプレモ
約120.8円厳選された自然素材を使用
第一主原料は肉
豊富なラインナップ
ファインペッツ 極(KIWAMI)
★★★
約380.06円
原材料の約9割が肉類
副産物、化学合成添加物など不使用
高品質な原材料を使用
フィッシュ4ドッグ
スーペリアシリーズ

★★★
約241.93円低脂肪、低カロリー
穀物不使用
化学保存料、合成着色料不使用
グリーンプラス
(犬猫自然食本舗)

約203.8円
※シリーズ平均
国産原材料無着色・無香料
保存料不使用
化学合成添加物不使用
ニュートロ ワイルドレシピ約164円
着色料不使用
穀物フリー・高タンパク質
肉が第一主原料
Dr.ケアワン
約375(単品)
約337.5(定期)
涙やけ
香料・着色料・合成保存料等不使用
抗酸化成分配合
グルコサミン、コンドロイチン配合