『ヒルズ サイエンス・ダイエット』の中身を調べました!

今回調べたのは量販店でよく見かける、ヒルズ「サイエンス・ダイエット」です。

サイエンス・ダイエットは、総合栄養食をはじめ、特別に開発された「プロ」、様々な病気や健康への悩みに対応した「特別療法食」などが販売されていて、ロイヤルカナンと同じように量販店でもハイクラスの商品として店頭に並んでいるのをみかけます。

ヒルズはペットのニーズに応えるため、220人以上の獣医師や栄養学者などの専門家が製品の開発に携わり、世界最大級の規模の最新設備がある研究所で、開発に取り組んでいるそうです。

様々なブランドがある中で、今回は「サイエンス・ダイエット<プロ>健康ガード体重管理 小粒1歳~6歳」にフォーカスしてみました。

ヒルズのこだわり

アメリカの獣医師が推奨

アメリカでは科学的に証明された栄養がつまったヒルズのサイエンス・ダイエットを獣医師が推奨しています。

品質と味にこだわった原材料

栄養バランスはもちろん、おいしさにもこだわったフードをあげたいもの。チキン、ラム、サーモンなどの自然素材を使用し、高品質のたんぱく質や科学的に証明された抗酸化成分を配合。しかも合成の香料や保存料はしていません。

満足保証

万一ヒルズ製品に満足できなかった場合、製品購入金額を返金。(条件など詳細はHP参照)

ラインナップ(犬用)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プリスクリプション・ダイエット

体重管理、関節ケア、腎臓ケア、消化ケア、尿ケア、皮膚ケアなどさまざまな健康問題に、獣医師の指導のもと最適な療法食を提供。

サイエンス・ダイエット

様々な年齢や健康ニーズに応え、優れた栄養バランスで愛犬がずっと健康で暮らすために大切なものをヒルズは探究。

サイエンス・ダイエット<プロ>

最新の栄養学で、ペットの健康ニーズに応えるために特別に開発。

原材料・成分

今回、ドッグフードの原材料を調べたのは「サイエンス・ダイエット<プロ>健康ガード体重管理 小粒1歳~6歳」です。高品質なチキンを主原料に、フルーツや野菜などの天然素材で仕上げた低カロリー・低脂肪のドッグフード。

◎原材料

チキン、マイロ、小麦、エンドウマメブラン、コーングルテン、大麦、トウモロコシ、セルロース、チキンエキス、ビートパルプ、植物性油脂、亜麻仁、動物性油脂、小麦ブラン、オート麦ファイバー、リンゴ、ブロッコリー、ニンジン、クランベリー、エンドウマメ、乳酸、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

※用語の説明はこちら

◎成分

たんぱく質 25.0
脂質 9.0
粗繊維 13.3
炭水化物(NFE) 47.2
カルシウム 0.87
ナトリウム 0.35
カリウム 0.80
マグネシウム 0.134
ビタミンC 248 ppm
ビタミンE 710 IU/kg
オメガ‐3脂肪酸 0.53
オメガ‐6脂肪酸 3.16

カロリー:299Kcal/100g当り

コスト

※単品1.6㎏の場合:100gあたり 約116円 

(税別・別途送料有)

※2018年11月時点

楽天商品詳細のページはこちらから

ユーザーの声(ポジティブ)

いつも、この商品を購入して食べさせています、小粒で食べやすそうなのと油ぽくないところが良いと思います。
うちのダックスは10歳になりますが、以前サイエンス・ダイエットプロの高齢犬用のを試しに購入して上げたのですが
油ぽいのが気になり1袋が無くなり次第、もとのこの商品に戻し現在も元気良く食べています。

去勢をしているので、太り過ぎないように気をつけています。
安定して食べてくれているのでし、今のところ体重も維持しているので効果があるのだと思い、続けていこうと思います。

ユーザーの声(ネガティブ)

もともと肌が弱いほうだったから、原料のチキンが、合わなかったようだ。チキンは、アレルギーを起こしやすいと獣医に言われたので、また、このシリーズの肌ガードに戻します。また、肌の調子をみて体重管理のフードをさがします。

ウンチの回数が今まで2~3回だったのが4回~5回に。
ダイエットフードってのはそういう仕様なんですかね?なら仕方ないですが

まとめ

原材料をみてみると、グレインフリーではないものの、危険と言われている人工添加物や着色料などの原料を含んでいない事がわかりました。ただ私が気になるのが、動物性油脂を使用しているのと、アレルギーの原因となるとうもろこしなどの高アレルゲン食品が多く入っている事ですね…。

またネットでは、「発がん性物質のBHA」が含まれているというのが話題になっていた時期もあったみたいです。(私が調べた商品には使われないみたいですが…)その他にもドッグフードのランキングサイトでは、あまり評価が高くないのもたまにみかけます。

ではなぜ、あまり評価が高くないドッグフード(療法食)をお医者さんはすすめるのでしょうか?

それはあくまで私の見解ですが、ドッグフードに入っている栄養素を正確に把握し栄養管理をすることで、病気や症状の原因を特定しやすくなるからではないでしょうか。

うちの子も以前病院から療法食をすすめられた事があります。その時は、苦しんでいるわが子を何とかして助けてあげたい、少しでも良くなってほしいという願いからすすめられた療法食をあげていました。なので、飼い主さんの気持ちもわかります。ただ不安な原材料がいくつか含まれているのも事実です。

何を基準にドッグフードを選ぶのかは、飼い主さん次第だと思います。ただ購入前に、一度原材料の確認はしてほしいと思います!

楽天商品詳細のページはこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。