『LOTUS-ロータス-』の原材料の中身を調べました!

今回、ドッグフードの原材料(中身)を調査したのは、原産国がカナダのロータスジャパンが販売するドッグフード『LOTUS』

『LOTUS』は、量販店やペットショップ、楽天などのネットでも購入が可能です。質の良い、安心して食べさせられるドッグフードが市販で購入できるのは嬉しいポイントですよね。

さらに2018年3月よりロータスドッグフード(小粒)に、80gのお試しサイズが新登場しました!

楽天商品詳細のページはこちらから

『LOTUS』のこだわり

◎安心の原材料

ロータスのドッグフードは、ホルモン剤不使用の肉をはじめ、玄米、大麦、新鮮な青果など人間用と同じレベルの原材料でできています。※ロータスで使用している「チキンミール」「ラムミール」「ダックミール」には副産物は含まれていません。

◎アレルギー源に配慮

ロータスのドッグフードは、合成保存料や香料はもちろん、アレルギー源とされる「小麦」「大豆」「とうもろこし」「チキン、ラムなどの副産物」は使用していません。またグレインフリーシリーズには、穀物は一切使用していません。

◎手間ひまをかける製造方法

実際にオーブンで焼いて調理されています。オーブンで焼くというプロセスは時間と手間がかかります。しかし、その手間と時間がかかる方法でロータスのドッグフードは作られています。

◎グレープシードエキス

ドッグフードでは珍しい、ビタミンCの約20倍の抗酸化物質と言われている「グレープシードエキス」を配合

◎毛つやと健康な皮膚のために

人間が食する「オリーブオイル」「サーモンオイル」「月見草オイル」を非常に効果的な独自の方法でブレンドし配合。さらにオメガ6脂肪酸と、オメガ3脂肪酸を適正なバランスで配合。健康な被毛と皮膚の維持に役立ちます。さらに健康な関節維持のために、アダルトドッグとシニアドッグには、グルコサミンとコンドロイチンを配合しています。

◎さらに安心

AAFCO(米国飼料検査官機関)が定める分析検査の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。ペットフード公正取引協議会が定める分析検査の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています

その他にも、腸内で有益な影響をもたらす「プロバイオティクス」を配合したり、糞尿中のアンモニア量を減少させると言われている「ユッカエキス」も配合しています。

ラインナップごとの原材料・成分など

LOTUS(ロータス)のドッグフードは、幼犬用から高齢犬用、さらにグレインフリーまで様々なラインナップがあります。一部のドッグフードの原材料(中身)と保証成分などをご紹介します。

◎PUPPY(幼犬用)チキンレシピ

成長期の仔犬や多くのエネルギーを必要とする妊娠・授乳期の母犬に最適。タンパク強化で、しっかりとした骨格、筋肉の形成を健康的にサポート。バランスの良いオメガ脂肪酸を配合し、美しい毛つやと健康な皮膚を維持。さらに新鮮なチキンの正肉を主原料とし、人の食事と同じようなレベルの食材を使用。

<原材料>

チキン、チキンミール、チキンレバー、挽き割りライ麦、挽き割り大麦、挽き割り玄米、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、フィッシュミール、オートミール、白身魚、エンドウ豆繊維、乾燥全卵、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンC、アルドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、チコリ根、ユッカ、乾燥ケルプ(海草)、グレープシードエキス、ビタミンE、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

※ロータスに使用していますチキンミールには副産物は含まれておりません。

<保証成分>

粗タンパク質…27%以上、粗脂肪…16%以上、粗繊維…4.5%以下、粗灰分…6.5%以下、カルシウム…1.2%以上、リン…0.9%以上、水分…10%以下、オメガ3脂肪酸…0.5%以上、オメガ6脂肪酸…2.5%以上、ナトリウム…0.32%、マグネシウム…0.18%、ビタミンE…100IU/㎏以上、アスコルビン酸(ビタミンC)…250㎎/㎏以上

100gあたり…394.4kcal

◎ADULT(成犬用)ラムレシピ

1歳~7歳くらいまでの成犬用で、低アレルゲンとされるラム肉が主原料。健康的な体のために善玉菌(プロバイオティクス)、関節ケアのためにグルコサミン・コンドロイチンを配合。さらにバランスの良いオメガ脂肪酸で、健康な皮膚と美しい毛つやを維持。

<原材料>

ラム、ラムミール、挽き割りライ麦、挽き割り玄米、白身魚、挽き割り大麦、オートミール、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、エンドウ豆繊維、乾燥全卵、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、塩化カリウム、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、乾燥ケルプ、亜鉛アミノ酸キレート、ビタミンC、鉄アミノ酸キレート、グルコサミン、塩化コリン、コンドロイチン、アルドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、チコリ根、ユッカ、ビタミンE、グレープシードエキス、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

ロータスに使用していますラムミールには副産物は含まれておりません。

<保証成分>

粗タンパク質…24%以上、粗脂肪…12%以上、粗繊維…4.5%以下、粗灰分…7.5%以下、カルシウム…1.8%以上、リン…1.2%以上、水分…10%以下、オメガ3脂肪酸…0.5%以上、オメガ6脂肪酸…2.5%以上、ナトリウム…0.41%、マグネシウム…0.12%、ビタミンE…100IU/㎏以上、アスコルビン酸(ビタミンC)…250㎎/㎏以上、グルコサミン…600㎎/㎏以上、コンドロイチン…450㎎/㎏以上

100gあたり…357.5kcal

コスト

◎「ロータス パピー チキンレシピ 小粒」1kgの場合

100gあたり 約270円

◎「ロータス アダルト ラムレシピ 小粒」2.72kgの場合

100gあたり 約204.48円

※掲載の情報は2019年4月現在のもので、今後販売価格や消費税額、在庫状況など変更になる場合があります。

楽天商品詳細のページはこちらから

ユーザーの声(ポジティブ)

初めての購入です。フードを触ってみても油っぽくなくとても美味しそうです。
シュナウザーを飼っているのでオイルコーティングしているフードはすぐに髭が茶色くなり嫌でした。今までは国産のフードをあたえていましたが、お値段もあまり変わらないので今回こちらの商品を試しに買ってみました。

油っぽいドライフードがありますが、
これは、まったくそれが無くよいです。
涙やけも少なくなります。少なくなるのは、おそらく涙の成分がこのフードによって、変わった為だと思います。

ユーザーの声(ネガティブ)

一つ難を言えば、開口部にファスナーみたいなのがないこと。
でも、下手にしまらないファスナーが付いているよりは、無いほうがいいなかな、とも思います。

食い付きも良かったのですが、家の子とは相性が悪かったらしく、涙焼けが出来てしまいました(今までのフードに戻したら治りました)。良いフードですが、残念でした。

まとめ

ホームセンターやペットショップ、楽天などの通販でも販売されている「ロータス」は、2018年3月より80gのお試しサイズが新登場。お試しサイズがあると、本当に嬉しいですよね!

実はうちのポメラニアンも、以前通っていたドッグホテルのオーナーさんから、「ロータス」をオススメされた事があり、切り替えを検討していたことがありました。その時は、当サイトでも紹介されている「HALO」にしてしまいましたが、今でも「ロータス」は良いドッグフードだなと思います。

個人的にオススメな理由は、①人間用と同じレベルの原材料を使用している事②合成保存料・香料不使用③AAFCO(米国飼料検査官機関)とペットフード公正取引協議会が定める基準を満たしている事、④アレルギー源とされる「小麦」「大豆」「とうもろこし」不使用。

さらに、次回の記事で紹介予定ですが、「ロータス」からは「グレインフリー」のラインナップも販売されています。

またコスト的にも一般流通のドッグフードに比べると高いですが、高いにはそれなりの理由があります。質の良いドッグフードは決して安くはありません。飼い主としてはコストも気になるのは正直な所ですが、それよりも大事なのは愛犬の健康だと私は思います。

一般で流通しているドッグフードには、着色料や添加物が多く含まれている物が多いんです。ぜひドッグフードを選ぶ際は、必ずドッグフードの原材料(中身)の確認をしてから購入するようにしてほしいです。

楽天商品詳細のページはこちらから

その他ドッグフードの総合評価はこちらから

「ドッグフードの中身調べます.com」では、プレミアムドッグフードから量販店で販売されているドッグフードまで様々な種類のドッグフードの中身を調べました。当サイトのドッグフード評価は、原材料の安全性やコストなど総合的に独自で評価しています。(最高は★★★)

※コストは、100gあたりの概算です。

コメントの入力は終了しました。