『カナガン ドッグフード』の中身を調べました!

我が家にレティシアン-カナガンドッグフード チキンが届きました!

レティシアン-カナガンドッグフード』は、高たんぱく質で低炭水化物のナチュラルな原材料のみを使用したドッグフードで、穀物不使用のグレインフリーで人工添加物不使用。

カナガンの公式HPはこちらから

簡単にカナガンの特徴をまとめてみました!

◎カナガンは犬が本来求める栄養素に着目し、穀物不使用のグレインフリーにこだわっている。

◎人間でも食べられるほど、新鮮で高品質な原材料を厳選。

◎イギリスのペットフード業界から高い評価と信頼を集めるペットフード専門の工場で生産。

さらに、全犬種・全ライフステージに対応する理想的な配合

良質な動物性たんぱく質を豊富に摂取することができる

②アレルギーの原因となる可能性がある穀物を使用しないグレインフリー

③小型犬でもたべやすい小粒タイプ

何が原材料なのかというと…

●骨抜きチキン生肉26% ●乾燥チキン25% ●サツマイモ ●エンドウ豆 ●ジャガイモ ●エンドウタンパク ●アルファルファ ●鶏脂3.1% ●乾燥全卵3.1% ●チキングレイビー1.6% ●サーモンオイル1.2% ●ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム) ●ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg) ●グルコサミン1000mg/kg ●メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg ●リンゴ ●ニンジン ●ホウレンソウ ●オオバコ ●海藻 ●フラクトオリゴ糖 ●コンドロイチン700mg/kg ●カモミール ●セイヨウハッカ ●マリーゴールド ●クランベリー ●アニスの実 ●コロハ

※用語の説明はこちら

成分は…

粗タンパク質 : 33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
リン : 1.42%
マグネシウム : 0.10%
ナトリウム : 0.60%
カルシウム : 1.86%
カリウム : 0.60%

※エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

いろいろ調べてみると、なかなか良さそうだったので我が家の愛犬も一度試してみることにしました!新しいドッグフードに我が家のいたずらっ子も興味津々(笑)

段ボールの中には、ブランドガイドが入っていて、レティシアンで販売されている

ドッグフードやキャットフードの説明が書いてありました。

ちなみにカナガンには、ウェットタイプもあるみたいです!

匂いは、そこまできつくない印象(何となくフルーツのにおいがしたような…)で、小粒で食べやすそうな印象。

さっそく、カナガンをあげてみることに。

(最初なので、いつもあげているフードと混ぜました)

喰いつきはバッチリ!ガツガツ、ムシャムシャ…いつもと変わらず完食しました!

ちなみに100グラム当たりのコストは248円です。

※単品で送料と消費税込みのコストです。(2018年10月現在)

定期コースだともう少しお安いですね。

カナガンの公式HPはこちらから

その他ドッグフードの総合評価はこちらから

「ドッグフードの中身調べます.com」では、プレミアムドッグフードから量販店で販売されているドッグフードまで様々な種類のドッグフードの中身を調べました。当サイトのドッグフード評価は、原材料の安全性やコストなど総合的に独自で評価しています。(最高は★★★)

※コストは、100gあたりの概算です。

コメントの入力は終了しました。