『ピッコロ』の中身を調べました!

今回ドッグフードの中身を調べたのは、シンプリー社から販売されている「ピッコロ」です。

イギリスが原産国のシニア犬用のドッグフードです。総合食なので全犬種対応です!

長い間家族の一員として生活してきた愛犬のドッグフードは、なるべく良いものをあげたいですよね。ご存知の方もいるかもしれませんが、ピッコロについて少し詳しく調べていきましょう。

ピッコロについて

ピッコロの工場は、イギリスにある、欧州ペットフード工業会連合(FED-IFA)の厳しい基準をクリアし、イギリスのみならず世界中から信頼を得ているペットフード専門の工場です。

また工場では、サプライヤーから届く原材料の品質テストを行ってから製造を始め、製造後には製品を粉砕して異常がないかスペクトラム分析にかけられ、12ヶ月間にわたり製品を保管し、出荷後の品質に問題がないかを確認しています。

さらにパッキングされた商品には、製造番号がつき、お客様のもとへ届くまであらゆる情報のトラッキングが可能に。

ちょっと、わかりずらい用語がありますが、欧州ペットフード工業会連合というベルギーの首都ブリュッセルにあるペットフードに厳しい基準を設けている機関があります。

その元でドッグフードを製造しているということですね。

ヨーロッパは日本よりペットフードに関して厳しい基準があります。

スペクトラム分析とは、非常に簡単に説明すると、

物体に光を当てて反射する波長の強弱を調べ、その強い場所がどこにあるかにより、含まれている成分を調べること。

例えば、水を調べて具体的な波長があれば、その水は鉛を含んでいるみたいな。

この分析には限界もあるようですが物質の有無は分かるようです。

例えば買った野菜に、農薬が残っているか?重金属が含まれていないか?等。

品質の管理には徹底されているようです。

ピッコロのこだわり

◎シニア犬に嬉しい栄養がたっぷり

食物繊維のペクチンが豊富なリンゴ、関節の健康維持をサポートするグルコサミンやコンドロイチン、リフレッシュ作用を促すハーブなどを配合。シニア犬の消化の負担になるとされているグレイン(穀物)は入っていません

◎高たんぱく

良質なたんぱく質が含まれているチキンとサーモンを70%配合。年齢と共に気になるシニア犬の身体をサポートし、コンディションをしっかり維持することで、理想的な身体つくりにつながります。

◎低カロリー、脂質控えめ

愛犬がシニアになってくると、運動量の減少や食習慣の変化など色々と悩みは増えてきます。そんなシニア犬に必須となるのが、健康的な食事管理。ピッコロは、カロリーと脂質を抑えつつも栄養バランスは崩さず、おいしくしっかり健康維持ができるフードです。カロリーは100gあたり355kcal、脂質は15%に抑えています

◎安心素材を使用

ピッコロは、原材料であるチキンやサーモン、野菜やフルーツなどすべてナチュラル素材を使用。人工的な香料や着色料などの添加物を使っていないため、シニアの体にも負担がかかりにくいのが特徴。

保存料も人工的なものではなく、ミックストコフェロールという自然由来の保存料を使用。

原材料・成分

スポンサーリンク
スポンサーリンク

◎原材料

骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)、チキングレイビー(1%)、鶏脂(1%)、アルファルファ、乾燥卵、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン1,780mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1,780mg/kg、コンドロイチン硫酸1,250mg/kg、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

◎成分

・粗タンパク質…32.00%

・脂質…15.00%

・粗繊維…3.00%

・粗灰分…9.00%

・水分…8.00%

・オメガ6…2.50%

・オメガ3…0.80%

・カルシウム…1.50%

・リン…1.20%

・エネルギー…100gあたり約355kcal

コスト

100gあたり264円(通常価格:1.5kg 3,960円の場合)

※別途送料負担有。3個以上お買い上げで送料無料。

いまWEBで定期コースを申し込むと、1袋10%off、最大で20%off(6袋以上購入の場合)で購入できるそうです。一般的な小売店からは購入できないです。

ピッコロの公式HPはこちらから

ユーザーの声(ポジティブ)

なかなか与え続けたいと思うフードに出会えなかったので、使われている物、栄養面を考えるようになった今だからこそ、良さがわかるので、ずっと与えていきたいと思いました。

とても美味しいらしく、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べていました。本人はとても気に入ったようです。朝からスッキリで良くなりました。

ユーザーの声(ネガティブ)

ピッコロは1.5kgと容量が大きすぎで、大型犬にはコスパが悪い

保存料を使っていないので、開封して3ヶ月しかもたないは短すぎる

※個人の感想であり、効果や効能等を保証するものではありません。

まとめ

実はパッケージの裏には、日本語だけでなくその他6か国語で原材料などが表示されているんです。さまざまな国に出荷していることがわかりますね。

またピッコロは小粒タイプなので、シニア犬はもちろん超小型犬でも食べやすいと思います。

ドッグフードの中身(原材料)では、特に危険と言われているものや気になる物は入っていない事がわかりました。また粗タンパク質も高めで、シニア犬に必要なたんぱく質をちゃんと補えるようになっているんですね。またひざ関節を良い状態に保つために、コンドロイチンやグルコサミンも原材料に入っているのも嬉しいですね。

ただピッコロは、少しコストが高めなのが気になります…。当サイトでも紹介している内容量1.8kgの「モグワン」や「カナガン」より高いです。ちなみにピッコロは、1.5kgです。

ただ高タンパク質なフードは、消化器系が弱っている犬や腎臓機能が弱っている犬には不向きな場合もありますので、愛犬の健康状態をきちんと把握した上で購入する事をおすすめします。

ピッコロの公式HPはこちらから

その他ドッグフードの総合評価はこちらから

「ドッグフードの中身調べます.com」では、プレミアムドッグフードから量販店で販売されているドッグフードまで様々な種類のドッグフードの中身を調べました。当サイトのドッグフード評価は、原材料の安全性やコストなど総合的に独自で評価しています。(最高は★★★)

※コストは、100gあたりの概算です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク